せどり初心者が挫折するパターンとは?

初心者せどらーさんの挫折する原因は?

 

せどりの現状について語りましたが・・・

 

挫折してしまうせどらーさんにはいくつかのパターンがあったりするんじゃないかと思うわけです。
せどりはオワコンなのか?

 

読者さんから頂く相談メールを読んでいると、そのほとんどが正しい知識と手順で実践することができれば挫折せずに済むといった内容なんですけどね。

 

 

ごく一部を挙げてみるとこんな感じでしょうか・・・?

  • ネットの情報で限定品を仕入れると知って仕入れに行ったけど利益の取れそうな商品がない
  • バーコードリーダーで全頭検査してみたけど超薄利な商品ばかりで割に合わない
  • 何を仕入れれば良いかわからずテキトウに商品をスキャンしたけどダメだった
  • 何個か商品を仕入れて出品してるけど全然売れない
  • 古本せどりが厳しいから中古のCDやDVDに手を広げたけど売れない
  • ワゴンセールでしか仕入れができない

↑は主に仕入れとリサーチについてのみに限定しましたが、このような相談を複数の方から頂くことが多いです。

 

 

限定品は確かに希少性が高いものはプレミア化しやすい傾向にあるんですけど、限定だったら何でも良いというわけではありませんよね?

 

全頭検査は確かに初期段階では経験を積む上では効果はありますが、何も考えずにボーっと作業だけを延々と繰り返していても同じことの繰り返しですよね?

 

もし「超薄利な商品ばかりだったのは、主にどこのコーナーだったか?」を分析することができて、その反省点を次に活かすことができれば・・・?

 

せどりは確かに「安く仕入れて高く売る」が基本なんですけど、テキトウに商品をスキャンしていても時間と労力の無駄に終わることが多かったりもしますよね?そうならないためには・・・?

 

アマゾンは、出品数が多いほど売れる確率も上がります。
何個か出品しているだけでは、確率論で考えると売れないのは当然では・・・?

 

 

まぁ、状況は人それぞれ違いますが、正しい知識と手順をわかっていれば、例えこれらのパターンに陥ったとしても解決策はすぐに思いつきます。

 

このようなパターンに陥る要因として「知識の不足による影響」というのが考えられるということです。

 

 

中には、とても勉強熱心で情報収集を念入りにされている方もいらっしゃったりするんですけど、やはり断片的な情報を細切れに入手している状態で、うまく結果に繋がっていないケースがほとんどで非常にもったいないなぁ・・・
という気持ちになったりしますね。

 

 

情報過多の現在においては、便利になった反面、情報収集すればするほど混乱しやすく、自分の頭の中に断片的な整理されていない情報が増えれば増えるほど、まるでノイズのようにごちゃ混ぜになった知識によって成功を遠ざけてしまう傾向が強いんですよね~

 

情報が頭の中で複雑に絡み合って処理しきれなくなってフリーズしている状態と言えば、イメージしやすいと思います。
フリーズしてしまうことで思考停止に陥るというわけです。
せどりはオワコンなのか?

 

本当は、稼ぐ方法というのはシンプルなんですけどね。

 

ここまでの話がきちんと理解できていれば、あとは解決策だけです。

 

 

もしかしたら、今までの自分の行動をあらためて振り返ってみると、思わぬところで気づきがあるかもしれません。

 

素直に反省できる人ってステキですね!

 

 

 

スポンサーリンク