ライバルせどらーに抱く感情とその裏にあるものとは?

時間と労力をかけてリサーチして、やっと仕入れた商品を早速出品してみると・・・

「あれ?またこの出品者さん?よく出品してる商品がカブるんだよねー」

さらに、価格改定をしている時、

「ん・・・?この出品者さん、また私のすぐ上にいるし!」

しかも・・・

「なんでこの出品者さんは私が価格を下げると、
その数分後には私より1円安くするの?」

みたいな経験ってありますか?

まるでストーカーされてる気分になるほど後追い出品してきて、いつもいつも自分より価格を下げてきて、出品者が増えてくるとそれに引きづられるように相場も徐々に下がっていくみたいな悪循環・・・。

あと、仕入れに行った時なんかにも・・・

「あれ?あの人また来てるよ。すでにカゴの中には商品が沢山あるし、いつもこの人がいると全部抜かれてて仕入れができなんだよねぇ・・・」

「えっ?この人、仕入れに来るとよく遭遇するけど・・・

いつも通路塞いでて邪魔なんだよ!」

「あ~、またこの人いるのかぁ・・・。

棚を荒らすだけ荒らしていくから気分悪いんだよね。」

みたいな出来事とか(笑)

いわゆるライバルせどらーって存在です。

まぁ、通路塞いだり、棚を荒らすだけ荒らす人は、迷惑なだけでライバルと呼ぶには値しませんけどね。

せどりといってもシビアなビジネスの世界なので、ライバルには敏感な方もわりと多かったりすると思うんですよ。

時には邪魔だったり、ウザいと思ったり、先を越されて悔しい思いをしたりと。

私も、色んなせどらーさんとお話する機会がありまして、中にはそういう話が好きな方もいたりします。

あっ!予め言っておきますけど(笑)、冒頭のセリフは、私の経験談に基づくものではないですからね。

まぁ、似たようなことはありますけどね~

あえて少しオーバーな表現をしてみました。

人それぞれライバルという存在に様々な感情を抱いているんだなぁ~

って感じですね。

で・・・

この「ライバル」という言葉なんですけど・・・

せどりに限らず、ネットビジネスにおいては、わりと反応の高いキーワードなんじゃないかなと思うんですよね~

・・・というのも、
「ライバルせどらーに抱く感情とその裏にあるものとは?」の続きを読む…

アマゾンのライバル出品者の在庫数を調べる

アマゾンに出品していると、気になるのがライバル出品者さんの存在ですね?

「このアカウント、いつも私の出品してる商品と被るなぁ・・・」

「この出品者さん、ずっとこの商品を出品してるけど、売れてないってこと・・・?」

「いや、モノレートで確認する限り、ランキングも変動してるし、全く売れていないってことは考えられないし・・・」

なーんてことを思ったことはありませんか?

あと、出品者数が少ない商品を仕入れたのに、実際に出品してみたらなかなか売れない・・・。

でも、出品者数は変わっていないのになぜかランキングは上がってるみたいな経験とか(笑)

それっていうのは、ひとりの出品者さんが複数在庫で出品している場合が多かったりするんですけど、仕入れやリサーチ、価格改定の時に、自分以外の出品者さん(=ライバル出品者)の在庫数をある程度、把握しておくと対策しやすかったりします。
「アマゾンのライバル出品者の在庫数を調べる」の続きを読む…