せどり 思考・雑記

稼ぐためにしなければいけないこと?

先日は、「せどりが苦しいと感じたら?」というテーマでモチベーションについて書いてみましたが・・・

ああいったことを書くと、極端に「~しなきゃ!」と考えるのは絶対に100%いけないことだと解釈してしまう方もいらっしゃるようなので、今回はまた少し違った視点で、Have toをどちらかというと肯定する場合について私が考えていることを書こうかなと。

まぁ、補足みたいな感じで受け止めて頂けたらと思います。

あくまでWant toが土台にあったうえでのHave to

「Have to思考」だとやらされてる感が強く、人間の脳は何かを強要されるとそれを回避しようとするので、「Want to思考」に切り替えるとモチベーションを維持しやすいという話を前回したんですけど、どうしても何かを成し遂げるためにはやらなければいけないことって出てきてしまうわけですよ。

たとえば、せどりだって行動しなければ結果は出ませんよね?

行動しなければいけないわけです。

でも、その「行動しなければいけない」の先には、「稼ぎたい」というWant toがあるという話なんですけどね。

この場合、あくまでWant toが土台にあるからこそ、「行動しなければいけない」(Have to)もその先の「稼ぎたい」(Want to)に繋がっているので、意味合い的には「行動したい」=Want toとなるという考え方ができます。

目的地に辿り着きたい=Want toという強い想いがあるからこそ、途中で遭遇する超えなければいけない困難に対しても"超えたい=Want to"と捉えることができるわけです。

仮にその先の「稼ぎたい」という目標が「稼がなければいけない」だったとしたら、目標に向かう途中に出てくる困難も「稼ぐためには仕方なく超えなければならない」となるんじゃないかなと・・・。

状況は同じであっても、両者の考え方の違いというのは、確実にモチベーションにも影響を与えますよね?

また、「自分の置かれている現状をどのように捉えるのか?」についても両者の考え方の違いが及ぼす影響って大きいと思うんですよね。

違いをもたらす違い

先に進むのが怖いという人とワクワクする人の違いとでも言いましょうか・・・?

同じ状況にいたとしてもそれぞれ現状をどのように捉えるかで、目的に向かうモチベーションは違います。

せどりに限らず、ビジネスにリスクはつきものです。

実践していく中で、壁にぶつかることも当然ありますし、うまくいかなかったり、損切りすることもありますよね?

[illust_bubble subhead="サラリーマンの副業もリスクの想定が重要" align="right" color="red" badge="check" illst="check-w3-l"]

現在はサラリーマンの方にとっても経済的な不安はツキモノで、副業に興味のある人も増えているようですが・・・

副業とはいえ、きちんとリスクを想定した上でリターンを狙うことが鉄則です。

[icon image="arrow3-r"]副業を考えるのであれば知っておくべし?

[/illust_bubble]

-せどり, 思考・雑記