せどりで仕入れた商品を検品する時のポイント

LINEで送る
Pocket


「せどりは仕入れが生命線」などと昔から言われるだけあって、仕入れに集中していると出品待ちの商品が溜まってしまって、後で大量の出品作業に追われるなんてパターンに陥りがちです。

とくに中古の商品を大量に仕入れている場合なんかは、商品ひとつひとつの検品作業が大変ですよね?

・・ということで、

先日、とある読者さんから、これまでこのブログで触れていなかったと指摘を受けたこともあって(笑)、仕入れた商品の検品について書きます。

古本せどりの検品

私は、現在、ほとんど古本の出品はすることがなかったりするのですが、Amazonに古本を出品する際の検品といえば、やはり書き込み、汚れ、折れ、焼けといった感じですかね。

古本せどり

書籍というのは、紙で作られているため、どうしても一定期間経過すると素材が劣化してしまうものです。

仕入れの段階で、書き込みや汚れ、折れ、焼けなどはチェックすると思うので、出品時に行う検品は再確認のようなものですね。

一度に大量の仕入れを行うと、見落としもあったりしますしね。

あと、これは商品価値によってなんですが、初版かどうかで価値が変わる古本もあるので、場合によっては検品時に、巻末に初版第1刷発行とか、第1刷みたいな記載があるかどうかもチェックします。

雑誌の場合は、付録の有無も検品時にチェックしましょう。
とくにファッション雑誌やゲーム雑誌などは付録の価値が大きかったりしますからね。

古本せどりの検品のポイント

  • 書き込み
  • 汚れ
  • 折れ
  • 焼け
  • 初版かどうか?
  • 付録の有無

CD、DVDせどりの検品

CD/DVDせどり

まず、新品のCD/DVDの検品については、シュリンク(外装ビニール)に破れや傷がないか?と、CDの場合はケースの割れ、傷のチェック程度でOKです。

普通の新品CD、DVDでしたら、その程度でOKなんですが、アウトレット商品は焼けでジャケットの印刷が色褪せているものもあるので注意が必要です。

また、トレーに付いているディスクを固定するツメが破損している場合もあるので、軽く振ってみてカラカラと音がするものは警戒したほうがいいかも知れませんね。

次に中古のCD、DVDの検品についてですが、ポイントとしては帯の有無、ケースや盤面の傷、付属品(特典)の有無、ジャケットの焼けといったところでしょうか。

帯の有無は、購入者さんによっては結構気にする人もいたりしますが、無くても「帯あり」の出品者さんより高い値段で売れたりすることもあります。

ケースの傷や割れについては、新品のケースに交換したり、同じ形状のケースを使用している中古商品を見つけてきてケースだけ交換して、少しでもコンディションを良い状態で出品する方法もあります。

 【参考】中古CDを高値で売るコツ

盤面の傷は、必要があれば研磨機で綺麗な状態にすることも可能です。

 【参考】DVDケンマくんという研磨機を購入

 【参考】中古ディスクせどらー愛用の研磨機SIMO-R1が・・・

付属品(特典)の有無は重要です。

CDやDVDだとCD+DVD形式の初回限定盤CDや、特典映像ディスクの付いた限定版のDVDといったわかりやすい商品だけでなく、ブックレットやポストカード、フィギュアなど様々な付属品があるので、このような商品を中古で仕入れる際には、Amazonの他の出品者さんの説明コメントや、ヤフオクで出品されている同じ商品の画像をチェックすると良いでしょう。

また、特典はイベント参加に応募するために必要なコードや券の場合もあるので、有効期間のチェックが必要になることもありますね。

CD/DVDせどりの検品のポイント

(新品&アウトレット品)

  • 新品はシュリンク(外装ビニール)の破れ
  • アウトレット品はシュリンクの状態のほか、焼けによる色褪せ、ケースのツメの破損

(中古)

  • 帯の有無
  • ケース、盤面の傷
  • 付属品(特典)の有無や状態
  • 焼け、色褪せ

ゲームせどりの検品

ゲームせどり

ゲームせどりの検品は、新品についてはCD・DVDとほとんど同じでパッケージの状態をチェックするくらいですね。

中古のゲームの場合は、ソフト(ディスク、カートリッジ)とハード(ゲーム機本体、コントローラーなど)があるのでちょっと面倒だったりします。

まずはゲームソフトの検品についてですが、こちらもCDやDVDと同様に盤面の傷のチェックは必須です。

次にプラスチック製ではない紙の箱に入っているソフトなんですが、こういった商品は外箱が傷みやすいので、箱の汚れや傷などの状態をチェックします。

あとは、取扱説明書の有無や状態と付属品に欠品はないか?ですね。

そして、中古のゲーム機本体やコントローラーなどのハードなんですが、こちらは動作確認が必要です。

ゲーム機に電源が入るかどうか?不具合はないか?を一通りチェックします。

もし動作に異常があれば、その商品はジャンク品になりますので注意して下さいね。

汚れが酷い場合はクリーニングが必要です。

あとは、外箱、取扱説明書、付属品の有無や状態を確認します。

欠品がある場合は、基本的にコンディションを「可」で出品します。

ゲームせどりの検品のポイント

(新品ゲーム機、ソフト)

  • パッケージに痛みはないか?
  • 場合によってはゲーム機本体の保証期間

(中古ゲームソフト)

  • 盤面の傷
  • 外箱の有無と状態
  • 取扱説明書の有無と状態
  • 付属品の有無と状態

(中古ゲーム機本体、周辺機器)

  • 電源や不具合などのチェックを兼ねた動作確認
  • 汚れや傷
  • 外箱の有無と状態
  • 取扱説明書の有無と状態
  • 付属品の有無と状態

家電せどりの検品

家電せどり

家電せどりの検品については、新品は外箱の状態とメーカーオリジナルの保証書の有無と詳細のチェックですね。

メーカー保証期間がいつまで有効かがわかるようであれば、コメントに記載します。

次にアウトレット品や展示品なんですが、これらの商品は開封されていたり箱がない場合もあるので注意しましょう。

中古家電については、ゲーム機本体と同様に動作確認が必要です。

電源が入らなかったり、動作に問題がある場合はジャンク品となります。

本体に汚れが酷い場合は、しっかりとクリーニングします。

また、外箱、取扱説明書、付属品の有無と状態もチェックします。

家電せどりの検品のポイント

(新品、アウトレット、展示品の家電)

  • 外箱の状態
  • メーカーの保証書の有無と保証期間

(中古家電)

  • 電源や不具合などのチェックを兼ねた動作確認
  • 汚れや傷
  • 外箱の有無と状態
  • 取扱説明書の有無と状態
  • 付属品の有無と状態

主に書籍、CD、DVD、ゲーム、家電に焦点を当てて、仕入れた商品の検品について説明してきましたが、新品はともかく、中古の商品はゲーム機や家電といった大きなものになるに連れて作業も面倒になっていきますが、大きく利益の取れるものも多々あるので、淡々とこなして慣れるしかないですね。

資金に余裕があれば、自分は仕入れに専念して、検品、出品、FBA納品などの作業は外注化したり、人を雇ってやってもらった方が効率的だったりします。

検品作業は、チェックするところは決まっているので、作業工程さえ覚えれば、誰でもできますからね。

 

LINEで送る
Pocket


この記事はいかがでしたでしょうか?

もし、この記事を読んで少しでも興味、関心を持たれましたら、
以下のソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けたら嬉しいです♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
LINEで送る
Pocket


「ちゃんと読んだよ!」の印に(笑)

この記事を最後まで読んだという印にブログランキングにご協力頂けたら嬉しいです!
あなたの応援を励みにがんばります。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ PVランキング

無料メルマガ配信中!
1万部突破!メルマガ読者限定記事や決してブログでは語らない○○な情報も配信中?

メルマガ購読・解除


コメントを残す