DVDケンマくんという研磨機を購入

LINEで送る
Pocket


年末年始商戦とはまたちょっと違うんですけど、月末には棚卸しも控えているということで、家にある在庫を整理していたら、中古のCDやDVD、Blu-rayなどがいくつか出てきました(^_^;)

その中には、自己発送で出品している商品も勿論ありましたが、ディスクの状態があまりよろしくないもので、出品を後回しにしていたものもあります。

まぁ、売れやすい商品を優先的に扱ったほうが効率も良いので、キズモノの中古CDやDVD、Blu-ray等はどうしても優先順位が低くなりがちだったりしますが・・・

これらの中古のメディア系商品を後回しにしていた理由はもう一つあります。

・・・というのは、

以前、このブログでも触れましたが、キズモノの中古CDやDVDを蘇生させるための魔法のような道具でもある研磨機が壊れてしまったというのが大きいですね~

今までは、多くのせどらーさんが愛用しているSIMO-R1という研磨機を私も使っていたんですけど、このたび、新しい研磨機を購入しました。

DVDケンマくん

実は、結構前に注文して届いてはいたんですけどね~

使う機会がなかったため、商品の中身に不備がないかだけ確認して放ったらかしてました(^_^;)

別に2台目もSIMO-R1でも良かったんですけど、せっかく買い換えるならということで、CD、DVDに加え、ブルーレイディスクにも対応しているものがほしかったので、DVDケンマくんを購入しました。

あと、SIMO-R1を購入した時というのは、多くのせどらーさんが愛用しているからといった基準で購入したので、今回は自分で色々と情報を収集しながら決めたいというのもありましたね~

ちなみに中身はこんな感じです↓↓

DVDケンマくん

早速、使ってみたんですけど、ぶっちゃけSIMO-R1でもDVDケンマくんでもどっちでも良いというのが正直な感想です(笑)

まぁ、SIMO-R1はボタンを押すだけでトレーが回転するのに対して、DVDケンマくんは手動でハンドルを回すので多少の労力はかかるかな?

・・・と言っても、そんなに気にならないですけどね。

使い心地に関しては慣れだと思いますよ。

何枚かDVDケンマくんを使って、研磨してみたら慣れてきましたしね。

あと、手動だと商品の盤面の状態ごとに、どれくらい磨くかが臨機応変に対応できるようにも思えます。

SIMO-R1と較べてパットが大きいのと、マジックテープで貼り付けることができるのも良いですね。

そして、ブルーレイディスクも対応しているのは便利です。

キズモノだったCD,DVD,Blu-rayがピカピカに仕上がった時の達成感は気持ちいいものです(笑)

コンディション「可」のレベルだった中古品が「良い」で出品できるというのは、大きいですからね~

最後に公式の動画で作業工程がわかるものがあったので貼っておきますね。
(さすがにわかるとは思いますが、動画の中の人は私ではないですよ笑)

参考にして頂けたらと思います♪

LINEで送る
Pocket


この記事はいかがでしたでしょうか?

もし、この記事を読んで少しでも興味、関心を持たれましたら、
以下のソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けたら嬉しいです♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
LINEで送る
Pocket


「ちゃんと読んだよ!」の印に(笑)

この記事を最後まで読んだという印にブログランキングにご協力頂けたら嬉しいです!
あなたの応援を励みにがんばります。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ PVランキング

無料メルマガ配信中!
1万部突破!メルマガ読者限定記事や決してブログでは語らない○○な情報も配信中?

メルマガ購読・解除


コメントを残す