発売日前後は、店頭リサーチ

LINEで送る
Pocket


新品CDせどりや、新品ゲームせどりを実践しているせどらーさんでしたら、新譜や新作の発売日というのは、頭に入っていることだと思います。

ちなみにCDの新譜発売日は水曜日、ゲームの新作発売日は木曜日です。
新譜CDは、発売日の前日の火曜日の午後には、店頭に並んでいる場合がほとんどです。
フラゲ日ってやつですね?

ここ最近は、予約転売をやられている方も増えているので、新譜CDなんかは、発売日前日の火曜日に、アマゾンで受けていた予約注文分の商品を、仕入れに行く人も多いんじゃないですかね?

予約転売は、売れてから商品を仕入れるので、発売日前に予約注文として注文を受けた商品を、発売日に購入者さんへ発送するには、発売日前日の火曜日に商品を確保して、すぐに発送するのが理想的ですからね。

最近では、アマゾンでの予約商品の出品に関する規約の変更もあったので、予約転売をされる方が今後、増えそうな予感がします。

まぁ、予約転売のノウハウなんかも、気が向いたらそのうち書こうと思います。
いつ書くかはわからないですけど(笑)

で、話を店頭に足を運んで現場の空気を感じながら、リサーチするという今回のテーマに戻しますね。

私は、電脳せどりと店舗せどり、両方実践していて、ここ最近では、オンラインとオフラインの境が無くなってきているといった感覚なんですけどね。

どっちの世界も自由に行き来できると、商品の仕入れに困ることもなくなりますし、より自由度が高くなるというのを実感しています。

もちろんネットを駆使したリサーチもやっていますが、それだけでリサーチを完結してしまうのは、ちょっともったいない気もするわけですよ。

お店の中って、情報の宝庫だったりしますからね。

電脳せどらーも週に1回は実店舗へ出かけよう!

基本的にリサーチといえば、家でアマゾン在庫切れ商品を見つける作業をしているという人がほとんどだと思います。

だけど・・・

アマゾン在庫切れ商品は、見つかったんだけど、仕入先のオークションサイトや、ネットショップを探してみると、やっぱりどこも在庫切れで、仕入れができないみたいな経験をされている人も結構多いんじゃないですかね?

そして・・・

この段階で諦めてしまったりすることも・・・。

確かにネット上で在庫全滅みたいな商品って実際多いんですけどね。

ネット仕入れがダメでも、店頭には普通に並んでいたりすることも多いし、その逆のケースも当然、あるわけですよ。

なので、

部屋にこもってリサーチに黙々と没頭するのも良いんですけどね、
定期的に実店舗にも出向いて情報を収集することをお勧めします。

ずっと部屋に引き篭もって、PCばかり弄ってるのも健康的ではないですからね(笑)

ネットとリアル、2つの世界を自由に行き来することで、その違いだったり、共通点などそれぞれの利点に気づくことでしょう。

実店舗は情報の宝庫

私は、お店に行って、売り場を見て回ることが好きだったりします。

あの雰囲気だったり、人の流れや動き、プロモーションの展開の仕方など、色々と見ているとなんだかワクワクするというかね(笑)

個人的には、昔ほど熱を感じるものは少なくなりましたが、店員さんのオススメや、手書きのポップ、そして、店内で開催されているイベントなんかも好きですね。

いつも火曜日、水曜日に行くことが多いかな。

昔は、音楽好きな友達と行ったりしましたが、最近は、ひとりで行ったり、たまにせどり仲間と一緒に行くこともあります。

新譜のチェックはもちろん、前の週に発売されたCDやDVDもチェックします。

あと、そのお店の在庫状況はザックリとですが把握してたりします。

「あのCDの限定盤は、この前までは山積みだったのに、今日チェックしたら少なくなってたぞ」

・・・みたいな感じで(笑)

わかりやすいところで言うと、こういうのとかね↓

Amazonでは、現在、こんな感じ↓

オークファンの落札相場↓

まぁ、これは非常にベタというか・・・

出品者もかなり増えていて、中には複数在庫を抱えている人も多いようですが、相場も安定しているし、売れていますね。

ネット上では、たまーに少しだけ在庫復活していることもあるようですが、すぐに無くなってしまって、ほとんど仕入れができないといった感じです。

でも・・・

店舗では、あるところにはまだあったりするんですよね。

あと、これは予約注文の段階では利益が取れたようですが、現在は厳しいですね。

そして、予約注文と言えば、こんな情報も参考になりますね↓

初回限定盤は、店頭でも予約受付終了とのことです。

現在のアマゾンではこんな感じ↓

というわけで・・・

店内をフラフラしながら、スマホでアマゾンを見たりしてリサーチするのもなかなか楽しかったりするものですね~

オンラインとオフラインの境界を自由に行き来しながら、リサーチしてみると視野がグッと広がって、せどりの自由度も高まります。

電脳せどりでは味わえないリアルな臨場感を楽しむこともできますしね~

ちなみに実店舗でのせどりで、主にメディア系商品を軸にそこからデジタル家電やグッズなどに派生して仕入れを拡大、同時にヤフオク活用で販路を拡大していく戦略を立てるのにこちら↓のノウハウは現在でも有効です。

LINEで送る
Pocket


この記事はいかがでしたでしょうか?

もし、この記事を読んで少しでも興味、関心を持たれましたら、
以下のソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けたら嬉しいです♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
LINEで送る
Pocket


「ちゃんと読んだよ!」の印に(笑)

この記事を最後まで読んだという印にブログランキングにご協力頂けたら嬉しいです!
あなたの応援を励みにがんばります。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ PVランキング

無料メルマガ配信中!
1万部突破!メルマガ読者限定記事や決してブログでは語らない○○な情報も配信中?

メルマガ購読・解除


コメントを残す