売れるハンドメイドは商品写真で決まる?

売れるハンドメイド商品は写真撮影が重要!

ミンネ(minne)に限った話ではありませんが、実際に商品を手にとって見ることができないインターネットショッピングの世界では、商品画像というのは最も重要です。

 

とくにハンドメイド商品は、作家さんの世界観や信用も含めて商品画像というのは、それを見る人にとって買うか買わないかの判断に影響を与えます。

 

どんなに自分の作品の魅力を商品説明文で上手にアピールすることができたとしても、肝心の商品写真がブレていたり、見難かったりしたら台無しですよね?

 

また、商品画像というのは、写真撮影のテクニックだけでなく、売れるショットというものがあったりするんですよね。
もちろん、写真撮影がうまいことに越したことはありませんが、きちんと売れる商品写真の撮り方を学んでいる人が撮った写真と、適当に撮った写真では雲泥の差があります。

 

ユーザーさんは、無意識にも商品写真のクオリティというのを認識していて、商品を購入するかどうかの判断に加味しているものです。

 

・・・とはいっても、高いカメラや機材、小難しい画像加工ソフトなどを駆使する必要はありません。

 

スマホのカメラでも十分、売れる商品写真を撮ることはできます!

 

重要なのは、コツを掴むことです。

 

そして、そういった専門的な技術に関しては、ネット上の素人が書いたブログ記事や、SNSで他人に聞くよりもプロのカメラマンから学ぶことが大事です。

 

・・・かと言って、凄腕カメラマンに弟子入りしたり、高額なセミナーや写真教室に通う必要はありません。

 

自宅でも学ぶことが可能です。

 

現在では、プロのカメラマンが商品写真に特化した売れる写真の撮り方を伝授してくれるオンラインカルチャースクールもわりと安価であったりします。

 

→プロ写真家が教える!ネット販売向け!スマホで撮る!ワンランク上の売れる商品写真!

 

スマホのカメラで売れる商品写真が撮れるようになれば、自分の作品の世界観をたくさんの人たちに伝えることができます。

 

また、すぐにあなたの作品を購入しないけれど興味を持っている潜在顧客に対しても、頭の中にイメージを印象付けることができるので、将来的にはお客様になってもらえる可能性も高くなります。

 

商品写真が醸し出す世界観というのは、とくにハンドメイド作品を販売するうえで、売れるかどうかを左右する重要な役割を果たします。

 

ハンドメイド作家を続けていくのであれば、作品創りだけでなく、作った作品の世界観をよりリアル伝えるために写真の撮り方も学ぶべきではないでしょうか?

 

ミンネに自分で作った商品を出品したけど、全然売れないという人もいますが、写真の撮り方が問題だったりすることも多々あります。

 

どうしても写真というのは、感覚的なものだったりするので言葉で説明するのが難しかったりしますが、魅力的な売れる写真を撮ることができれば、作家としてプラスになるというのはわかりますよね?

 

是非、この機会にプロの写真家さんからネット販売に特化した売れる写真の撮り方を学んでみてはいかがでしょうか?

 

→プロ写真家が教える!ネット販売向け!スマホで撮る!ワンランク上の売れる商品写真!