せどりのキモとも言われるリサーチについてのブログ関連記事です。

リサーチと言っても、その方法は様々なものがあります。

また、仕入れる商品のカテゴリによってもリサーチ方法が異なる場合もあるため、最初から幅広く仕入れを行おうとすると、どうしても覚えることが増えてしまう傾向にありますが、現在、自分が取り組んでいる分野を中心に考えて、必要なリサーチ方法を吟味して、ひとつひとつ実践していけば、大きな問題はないです。

リサーチの基本は、Amazon等の出品先プラットフォームと仕入先店舗の商品の価格差を調べることを土台に、その時の需要と供給のバランスを見て、売れやすいものを扱うことで利鞘を抜くといった感じです。

需要と供給のバランスが一時的に崩れている商品や、希少価値の高い入手困難な商品、販売価格がリアルとネット、それぞれの市場で乖離している商品など様々な背景を観察することがリサーチ力を養います。

ここでは、オンライン、オフライン問わず、時には具体的な事例を挙げたりしながらせどりのリサーチについて解説しています。

記事数やコンテンツのボリュームもそれなりにあるので、現在の自分に必要なリサーチ方法に集中することをまずは意識してみるのも良いでしょう。

一度読んで終わりにせず、ブックマーク(お気に入り)に追加して、実践しながら何度も読み返して、しっかりとリサーチ力を養って下さい。

リサーチができなければ、当然、仕入れもできませんので、せどり初心者さんはまずはリサーチを徹底するところから始めましょう。

右クリックからAmazon総合検索(なぞってアマゾン検索)+Amazonバルーンは電脳せどりに便利

主に電脳せどりのリサーチなどで、ネットのニュースだったり、話題に挙がっているネタに関連する商品をアマゾンで調べるにあたって、便利なツールがあるのでご紹介しますね。

以前書いたトレンドせどりのリサーチの記事でも、じつはチラッと登場していたりもするんですけどね(笑)

あの記事では、詳しくこちらのツールについては触れていませんでしたので、今回あらためてといった感じです。

これを活用すると、作業時間の短縮はもちろん、とくにリサーチを意識して気負いしなくても、自然な形でネットサーフィンついでにリサーチすることができるので便利です。

コピペ作業が減るというのも何気に快適だったりするんですよね~

では、手短にいきましょうか?

「右クリックからAmazon総合検索(なぞってアマゾン検索)+Amazonバルーンは電脳せどりに便利」の続きを読む…

トレンドせどりのリサーチを深堀りすると?

前回の記事では、たまたまタイムリーな話題と、せどり的にと言っていいのかどうかは微妙なところかも知れませんが(笑)、その話題に関連する旬な商品があったので、トレンドせどり的なリサーチについて書いてみましたが・・・

トレンドというのは一過性の盛り上がりだったりする場合も多く、その状況は日々刻々と変化しています。

なので、

トレンドをリサーチするということは、話題が落ち着くまでは追い続ける必要があるんじゃないかなと。

需要が高まっているということは、背景に何らかの要因があるということで、それは、せどりでいうところの「なぜその商品はプレミア価格でも売れるのか?」ということに繋がるわけですよ。

今回も前回と同じ商品を事例に、その「なぜ?」に迫ってみようかなと思います。

・・・ということで、

「トレンドせどりのリサーチを深堀りすると?」の続きを読む…

タイムリーで非常にわかりやすいトレンドリサーチ?

記事を更新する予定はなかったのですが・・・

ネットサーフィンと言いますか、ネットのニュースで情報収集していたら興味深い記事があったので、急遽更新です(笑)

このネタって、以前も話題になって世間を騒がせたこともあるし、せどり的にもこの商品で稼いだ方もいるんじゃないかなと。

ちなみに私は、需要が高まっているのは知ってはいましたが、カテゴリー的な問題もあってスルーしました(笑)

まぁ・・・

先ほど冒頭で触れた興味深いニュースというのは、多分すでに目にしているという方も沢山いらっしゃると思いますが・・・

こちらの↓話題なんですけどね。

「タイムリーで非常にわかりやすいトレンドリサーチ?」の続きを読む…

ゲームせどりの仕入れリストの作り方

ゲームせどり仕入れリスト

つい昨日更新したばかりのブログ記事「ゲームせどりお宝リストがこんなところで?」を読み返していたら、補足というか・・・

もうちょっと突っ込んだ内容を思いついたので、今回もゲームせどりについてお届けします。

せっかくなので、前回の記事でひとつの例として取り上げさせて頂いた「高額プレミアが付いているゲーム8選」に掲載されているプレミアゲームソフトから幅を広げていくリサーチ方法と、そこから自分独自のゲームせどり仕入れリストを作成するというテーマで書いていこうかなと思います。

今回も、ゲームせどりという内容なんですが、高額プレミア商品のリスト化というのが主なテーマになるので、仕入れ対象となるゲームのコンディションは、中古ゲームと考えて下さい。

まぁ、発売日が2000~2010年とか、比較的古い商品なので、新品未開封の状態で仕入れるのは、かなり困難だというのは、ご理頂けると思います。

また、これらの高額ゲームソフトは、現在のブックオフでは、すでにプレミア価格で販売されているゲームも多いです。

ハードオフでは、たまに安く販売されていることもありますね。
あとは、街のリサイクルショップとか・・・。

仕入先については、ゲームを専門に取り扱っていない場所というボンヤリとしたヒントに留めさせて頂きたいと思います。

・・・と言っても、
「ゲームせどりの仕入れリストの作り方」の続きを読む…

発売日前後は、店頭リサーチ

新品CDせどりや、新品ゲームせどりを実践しているせどらーさんでしたら、新譜や新作の発売日というのは、頭に入っていることだと思います。

ちなみにCDの新譜発売日は水曜日、ゲームの新作発売日は木曜日です。
新譜CDは、発売日の前日の火曜日の午後には、店頭に並んでいる場合がほとんどです。
フラゲ日ってやつですね?

ここ最近は、予約転売をやられている方も増えているので、新譜CDなんかは、発売日前日の火曜日に、アマゾンで受けていた予約注文分の商品を、仕入れに行く人も多いんじゃないですかね?

予約転売は、売れてから商品を仕入れるので、発売日前に予約注文として注文を受けた商品を、発売日に購入者さんへ発送するには、発売日前日の火曜日に商品を確保して、すぐに発送するのが理想的ですからね。

最近では、アマゾンでの予約商品の出品に関する規約の変更もあったので、予約転売をされる方が今後、増えそうな予感がします。

まぁ、予約転売のノウハウなんかも、気が向いたらそのうち書こうと思います。
いつ書くかはわからないですけど(笑)

で、話を店頭に足を運んで現場の空気を感じながら、リサーチするという今回のテーマに戻しますね。

私は、電脳せどりと店舗せどり、両方実践していて、ここ最近では、オンラインとオフラインの境が無くなってきているといった感覚なんですけどね。

どっちの世界も自由に行き来できると、商品の仕入れに困ることもなくなりますし、より自由度が高くなるというのを実感しています。

もちろんネットを駆使したリサーチもやっていますが、それだけでリサーチを完結してしまうのは、ちょっともったいない気もするわけですよ。

お店の中って、情報の宝庫だったりしますからね。
「発売日前後は、店頭リサーチ」の続きを読む…

全巻セットまとめ売りせどりの簡単リサーチ

せどりでできる限り利益を最大化するノウハウのひとつとしてセット販売販売(まとめ売り)というのがあります。

この手法は、マンガなどのコミック全巻セットだったり、ドラマやシリーズ物のDVD全巻セット、ブルーレイ全巻セット、特定のアーティストのCDをまとめたセットだったり、そして、雑誌なんかでも表紙になっている芸能人のセット、あとは、トレーディングカードなど幅広いジャンルで実践可能です。

全巻セットまとめ売りのせどりノウハウをざっくり簡単に説明しますと、まぁ、単品ではそれほど利益が見込めないコミックやCD、DVDなどでも全巻セットといった感じで、まとめ売りすることで単品で販売するよりも高値で販売することができるという手法です。

コミックやシリーズ物のDVDや、特定のアーティストに関するアイテムなどを「コンプリートしたい!」という人の需要を満たすことで、利益の最大化を図ることができるというわけです。

また、セット販売は、その時のトレンドによっても、高く売れる商品が変わったりもするので、タイミングも重要だったりします。

ここでいうトレンドというのは、わかりやすいところで例えるとすれば、コミックのアニメ化だったり、テレビドラマの映画化だったりが話題になることで、その元となる(原作など)や、関連商品の需要が一時的に高まることを意味します。

トレンドを先読みしつつも、単品で安く入手できる商品や、セットで安く売られている商品を仕入れることができれば、時流に乗ることで稼ぐことも可能です。

・・・といった感じで、

全巻セットまとめ売りが、せどりにおいても有効なノウハウというのは、ご理解頂けたと思うのですが、具体的にどんなセットが売れやすいのか?

・・・というのを調べるための比較的簡単なリサーチ方法があったりするので、参考にして頂けたらなと思います。

ポイントは、あるキーワードだったりするんですよね~
「全巻セットまとめ売りせどりの簡単リサーチ」の続きを読む…

電脳せどりツールの注意点?

電脳せどりを実践する上で、効率よくリサーチや仕入れを行うためには、ブラウザにGoogle chromeを導入して、いくつかの便利な拡張機能をインストールすることが有効だというお話を前回はしましたが・・・

私が過去にも言ってきたように最初は手動でコツコツと地味なリサーチをとにかくたくさんこなして、商品を見つけるというプロセスから、何かを学び得て頂きたいという理由が少しはわかってもらえるかな?

と思えるような注意点と言いますか・・・

ちょうど良いタイミングで「ツールで抽出できるデータはあくまでもデータ。重要なのは読み解く力」ということを理解して頂きやすいと思える事例を見つけたのでネタにしようかなと。

電脳せどり初心者さんはもちろん、リサーチが苦手だという方は是非参考にして頂けたらなと思います。
「電脳せどりツールの注意点?」の続きを読む…

電脳せどりのリサーチはGoogle Chromeの拡張機能で効率化

電脳せどり+chrome

電脳せどりを実践しているとどうしても、サイト間の移動が頻繁になってしまいます。

とくにリサーチする時なんて、複数のページを開いたまま作業することも多いですよね?

アマゾンの商品ページと仕入先のネットショップやオークションサイトの商品検索ページを複数表示させて、さらに、相場や出品者数などの変動を確認するためにモノレートや必要があればプライスチェック、あと一括検索サービスなんかもありましたね。

そして、アマゾン手数料などコストを差し引いた粗利益計算でAmafeeなどなど・・・とにかく複数のサイトを行き来しながら作業するみたいな感じで。

また、ブラウザによっては、沢山のサイトを開いていると動作が重くなってしまったりすることもあるようです。

そんな環境での作業は、スピードが試されることも多い電脳せどりでは非効率だったりしますよね?

まぁ、非効率というか・・・

インターネットエクスプローラーONLYでリサーチしてみると結構大変なのが実感できるかと思います(笑)

最近は、Windows7以降のパソコンを使っているという方も多いので普通にネットするだけなら以前ほどブラウザの問題もないとは思いますが・・・

やっぱり電脳せどりとなると、その作業に適したブラウザを使うのが一番です。

わざわざ使い難いブラウザでリサーチする必要なんてないですからね?

ちなみに私は、インターネットエクスプローラーはデフォルトでインストールされているけどほとんど使う機会はありません。

FirefoxとGoogle chromeと使っています。
Google chromeはせどり仕様にカスタマイズしてますね。

電脳せどりのリサーチはChrome+拡張機能が圧倒的に効率的ですからね。

ということで、ブラウザは、電脳せどり仕様のGoogle chromeにカスタマイズしましょう。

というお話と拡張機能についてです!
「電脳せどりのリサーチはGoogle Chromeの拡張機能で効率化」の続きを読む…

電脳せどり仕入先 無料検索サービス

電脳せどりについては、私が電脳せどりに注力し始めたきっかけから、最も基礎となるリサーチ、仕入れ、仕入先リストの一部公開やら、クレジットカード、ポイントサイト「ハピタス」を利用して1ポイント=1円のハピタスポイントを貯めて仕入れに再投資する方法だったり、ヤフオク仕入れ→アマゾン販売、ネットショップ仕入れ→アマゾン販売などの土台になるノウハウを語ってきました。

一応、電脳せどりがどのような仕組みになっていて、どんな商品をリサーチして、どんな仕入先でどんな方法を使って仕入れをするのか?
そして、仕入れ基準や、仕入れの際のちょっとした注意点などは、これで、ひと通りご理解頂けるのではと思います。

なので、

これらの最も基礎となるノウハウを、最初の段階でしっかりと身につけた上で、今後の記事を読み進めるようにして下さいね♪

余談ですが、
「電脳せどりは稼げない!」
「電脳せどりは儲からない」
なーんて嘆いている人の大半は土台がしっかりと形成されていない場合が多かったりします。

今後は、電脳せどり関連の記事については、知っておくと便利な豆知識みたいなものを中心に書いていこうかなと思っています。

まぁ、途中で初歩的なノウハウや、最初の段階で取り入れておくべきものにあらためて気がついたら、そういう内容も書き足していきますけどね~。

・・・ということで、

今回は、電脳せどりを実践する上で、知っておくと便利なツールというか、サービスをひとつご紹介しますね。

無料で利用できるので是非、活用してみてくださいね♪
「電脳せどり仕入先 無料検索サービス」の続きを読む…

電脳せどりのリサーチと仕入れ(ネットショップ→アマゾン編)

電脳せどりにおいてヤフオク!でのリサーチ方法や仕入れについては、先日解説させて頂きましたが、今回はネットショップ編です。

ヤフオク!での仕入れに少しずつ慣れてきたら、ネットショップ仕入れも取り入れつつ、仕入先を開拓&拡大していきましょう。

もちろん、元々ネットショップで買い物することが多く、ヤフオク!よりもネットショップのほうが商品を見つけやすいといった方は、ネットショップでの仕入れから始めても良いと思いますよ。

ただ注意して頂きたいのは、電脳せどり超初心者さん状態で、いきなりアチコチと手を広げすぎて集中力や注意力が散漫になってしまうと一番中途半端になってしまうところなんですね。

なので、とくに普段、ネットショップに馴染みのない方は、ヤフオク!を攻略するところから始めたほうが理解しやすいと思います。

では、ネットショップでのリサーチと仕入れについてお話していきますね。
「電脳せどりのリサーチと仕入れ(ネットショップ→アマゾン編)」の続きを読む…