古本せどりについて独断で語ってみる

本せどり

私がせどりを始めた2010年は、せどりといえば古本転売みたいな風潮がまだありました。

当時、仲良くさせて頂いていたせどらーさんの中にもブックオフの単C(108円本)のみの転売で大きく稼いでいる方もいました。

私は、普段あまり読書はしないですし、本についてさほど詳しいわけでもなく、最初から古本せどりはスルーしてきたんですけどね。

傍から見ていても当時の古本せどりは、確かに仕入れ単価も安く、資金が少なくても比較的簡単に取り組むことができたし、利益率も高く、再現性もバッチリといった感じでしたが・・・
「古本せどりについて独断で語ってみる」の続きを読む…