リストラせどらーの不安と危機感

LINEで送る
Pocket


現在、せどりで生計を立てているという人の中にもリストラ経験者って結構いるのではないでしょうか・・・?

私の知っているせどらーさんにも過去にサラリーマンをしていて、突然の戦力外通告といった感じの流れでリストラに遭ったという人がいたりします。

まぁ、プロフィールをよく読んで頂ければわかると思いますが、実は私も過去にいわゆるクビというのは経験したことがありますけどね(^_^;)

・・・ということで、

先日、ネットで情報収集していたらこんなニュースが目に止まりました。

時代の流れ的に大企業のリストラというのは、もはや珍しくもなんともないですよね?

テレビのニュースなどでも頻繁にリストラという言葉を目にしますし、ネットでもわりとよく見かける言葉だったりしますからね。

なんだか向こう側の世界で起こっているみたいな感覚で捉えてしまいがちです。

当事者意識がないので当然といえば当然なのかも知れませんが・・・。

でも、自分の身近に冒頭で書いたように、突然のリストラを経験したという人がいたら少しはリアリティを感じるものだったりします。

みんな「まさか自分に限ってそんなことになるわけない」と心のどこかで思っていたりするのかなぁ~

大企業に勤務するサラリーマンであってもある日、突然、リストラで路頭に迷う可能性も考えられるというのは頭ではわかってはいても、自分の身近なところにリストラというものがなければ、やはりどこか実感がなかったりするものなんですよね?

リストラせどらーが大逆転できる要因?

ネットでよく出てくるような「リストラされたサラリーマンがせどりで独立!大逆転」みたいな話というのも、今では古典的な印象を受けてしまいますが・・・(笑)

冒頭でも書いたとおり、私の知っているせどらーさんにもリストラ経験者は何人かいますし、このパターンってわりと多いのではないかと思います。

以前、なんかの懇親会でお会いした方ともそんな話をしたような記憶がありますね~

リストラ後にせどりで成功する人というのを客観的に見てきて共通するものがあるとすれば、それは、やはり覚悟を決めて全力で取り組む姿勢なんじゃないかなと思うわけです。

突然、リストラを告げられて今後の収入を断たれるとなれば、当然、後には引けない状況なので、当然といえば当然なんですけど、追い込まれた時に発揮するパワーというのは凄まじいものがあるというのは想像できます。

リストラを経てせどりで成功した後に、「私は1日たったの1時間で月収7桁万円を稼いでます!」みたいなことを言ってる人もいたりしますが、リストラ直後は決してそんなこと言える状況ではなかったんじゃないかなと。(笑)

「あの時の覚悟があるから今がある」って素直に言えば良いのになぁ~なんて思ってしまうような出来事も過去にあったりなかったり・・・。

思えば、私も事業に失敗してせどりを始めた当時、必死に備品や不要品を売って資金作りしてましたね(^_^;)

あの当時は、確かに決死の覚悟で挑んでいました。

いつリストラされても困らないために

大手企業に勤めているサラリーマンであっても突然、リストラに遭って収入を失う可能性もある時代です。

そんな時代を生き抜いていくために必要とされるのは、やはり自分で稼ぐ力ではないでしょうか?

会社の給料に依存しなくても自分の力で必要なお金を稼ぐことができれば、もしリストラに遭ったとしても路頭に迷う心配はありません。

例えリストラ後に転職したとしても、そこには会社の給料に依存して生きる道しか用意されていません。

その会社が傾けばまた同じことの繰り返しというわけです。

手に職というのもありといえばありですが、雇われて給料を貰う立場である以上、状況はさほど変わらないかなと・・・。(私も過去にそれは経験しています。)

今のうちに稼ぐ力を鍛えておく必要がありますね?

あと、サラリーマンの方は、後々はせどりで生計を立てていくことを考えているのであれば、クレジットカードは絶対に作っておくべきですよ。

何だかまとまりがないままに書き進めてきましたが・・・(^_^;)

危機感や緊張感というのは人を慎重にさせるので、真剣に自分と向き合うキッカケにもなりますし、覚悟や決心にも繋がるので、人生長い目で見たら悪いことではありません。

「何か簡単に楽して稼ぐ方法ってないかなぁ~」なーんて考えで検索エンジンで「せどり 儲かる」みたいなキーワードを打ち込んでいるような人は、「今、もし自分がリストラされて路頭に迷うことになったら?」というのを想像してみると良いかもしれませんね~

・・・そんなわけで、

今回はたまたまリストラというのを取り上げましたが、一番お伝えしたかったことは覚悟だったり決断だったり、逃げずに自分と向き合うことで見えてくるものだったりします。

そしてそれらは、現実的な不安や危機感、緊張感の中で生まれるんじゃないかなという話でした。

LINEで送る
Pocket


この記事はいかがでしたでしょうか?

もし、この記事を読んで少しでも興味、関心を持たれましたら、
以下のソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けたら嬉しいです♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
LINEで送る
Pocket


「ちゃんと読んだよ!」の印に(笑)

この記事を最後まで読んだという印にブログランキングにご協力頂けたら嬉しいです!
あなたの応援を励みにがんばります。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ PVランキング

無料メルマガ配信中!
1万部突破!メルマガ読者限定記事や決してブログでは語らない○○な情報も配信中?

メルマガ購読・解除


コメントを残す