アマゾンのコンビニ決済と代金引換の設定

LINEで送る
Pocket


せどりにも慣れてきて、大口出品者になったら是非、有効にしておきたいアマゾンの機能のひとつとして、コンビニ決済があります。

これは、購入者さんがアマゾンで商品を注文したら、対応している最寄りのコンビニエンスストアで受け取ることができるというサービスで、これを取り入れることで、何もしない状態よりも売れやすくなるという特徴があります。

そして・・・

このコンビニ決済と同時に設定することができる支払い方法としては、代金引換があるんですけど、ちょっと注意が必要だったりします。

また、代金引換についてはFBAを利用しているようでしたら、とくに有効にする必要もないかなと私は思ってますね。

ちなみに私は、代金引換は無効にしていたりします。
確かに有効にしておくことで、売れやすくはなると思いますよ。

でも、手続きが面倒なのと、手数料、受取拒否された場合のリスクを考えると、とくに必要性を感じないかな。

FBA在庫に関しては、もともと代引きに対応しているので問題ないですしね。

・・・ということで、

コンビニ決済および代引きの設定については、大口出品者であること、そして自己発送の商品というのを前提条件としてお話させて頂きますね。

合わせてアマゾンのヘルプも参考にしてみてください。

 コンビニ決済利用規約

コンビニ決済と代引きの設定方法

では、コンビニ決済と代引きを有効にするための手順を説明していきましょうか。

まずは、アマゾンのセラーセントラルにログインして頂いた状態で、設定 → 出品者アカウント情報をクリックして下さい。

出品者アカウント情報の画面に進んだら、そのまま下にスクロールしていくと支払い方法の設定という項目があります。

支払い方法の設定の右側に編集ボタンがあるので、クリックして下さい。
↑クリックで拡大

次の設定画面で、コンビニ決済、代引きをそれぞれ有効にしたり、無効にしたりできます。
必要があれば、チェックを入れて送信ボタンを押すだけで設定できます。
↑クリックで拡大

これで完了です。

コンビニ決済の注意点

コンビニ決済は、購入者さんが商品を注文したら最寄りのコンビニエンスストアに商品を受け取りに行く必要がありますよね?

でも、中には受け取りに来ない人もいたりします。
その間は、商品はずっと保留中になります。

購入者さんが商品を受け取りに来るまでずっと保留中なので、とくにスピード勝負の超高回転系の商品の場合は、その間に相場が下落したり、また、最悪なのがアマゾンの在庫が復活してしまうというリスクがあります。

なので、今が旬の商品や、予約転売系の商品を扱う時は注意が必要ですね。

また、購入者さんが商品を1週間受け取りに来なかった場合は、基本的に自動的にキャンセル扱いになって再出品されます。

その際にもちょっと注意しておきたいのが、保留期間中に相場が上がっていて、購入者さんが受け取りに来なくて再出品された時に、相場が上がる前の出品価格で刈り取られてしまうなんてことも起こり得るので気をつけましょう。

実は、私も過去に何度か悔しい思いをしていたりします(苦笑)

代金引換ってどうなの?

代金引換についてですが、現在、私は有効にしていないのですが、過去に一度だけ有効にしていたことはあります。

代金引換決済機能が追加されたばかりの頃ですね。

アマゾンからメールで案内が届いていて、最初は便利になったと思ったのですが、規約を読んでいるうちに、用紙の記入などの手続き慣れないのもあって面倒だったり、手数料が高く付いたりと商品が売れやすくなるといっても、いろいろと面倒なことが多いので、結局、無効にしました。

自己発送では、あまり必要ないかなと思いましたね。
代引き手数料とか取られますしね。

まぁ、これはあくまでも私個人の見解なので、必要があれば有効にしてみるのも良いと思いますよ。

詳しくはアマゾン公式のヘルプをご覧ください。

 代金引換の設定

 代金引換利用規約

 商品単位で代金引換を設定する方法

LINEで送る
Pocket


この記事はいかがでしたでしょうか?

もし、この記事を読んで少しでも興味、関心を持たれましたら、
以下のソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けたら嬉しいです♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
LINEで送る
Pocket


「ちゃんと読んだよ!」の印に(笑)

この記事を最後まで読んだという印にブログランキングにご協力頂けたら嬉しいです!
あなたの応援を励みにがんばります。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ PVランキング

無料メルマガ配信中!
1万部突破!メルマガ読者限定記事や決してブログでは語らない○○な情報も配信中?

メルマガ購読・解除


コメントを残す