FBA大丈夫?「影響を受けている倉庫:すべての倉庫」って?

LINEで送る
Pocket



誰もが予想してたであろう結果なのかなぁ・・・?

先日から始まったFBAパートナーキャリアの配送料料金無料キャンペーンの影響が、予想通りといった感じで浮き彫りになっているようですね~

キャンペーン開始からまだそんなに日も経っていないわけですが・・・

キャンペーンが終了するまでうまく対応できるのかちょっと心配になってきました。

【FBA】日本郵便によるAmazonフルフィルメントセンターへの着荷遅延

日本郵便によるAmazon倉庫への着荷遅延の影響をすべての倉庫が受けているといった状況です。

原因は想定を上回る入荷が発生したためという・・・。

想定外だったってこと?

本当に事前に予測はできなかったんでしょうか?

私も今月に入ってから何回かキャンペーンを利用させて頂いてますけど、やはりなかなか受領されないほうが多いですね。

luckyのツイッター

一番、最初にパートナーキャリアでFBAに納品した時は、思ったよりも早く受領されてたんですけどね。

で・・・

他の人はどんな感じなのか気になったもので、最近、知り合った実家の近所に住んでいるせどらーさんに聞いてみたら、ちょうど数十箱の段ボールを納品するところで、いろいろと大変そうでした。

具体的な箱の数を書くと引くので数十箱とさせて頂きます(笑)

その話を聞いて、正直、それはさすがにやりすぎじゃないかと思ったけど、その方は、きちんと郵便屋さんの負担を少しでも軽減できるように配慮はしてました。

やはり日本郵便を利用される人は、せどらーさんだけではないですからね。

他のお客様も当然、利用するわけですし、小さな郵便局だと大型トラックがなかったりして、対応に困る場合もあるようです。

配送業者さんへの配慮もするとなると、配送料金無料キャンペーンを利用するのも結構大変ですね~(-_-;)

私の場合は、小さな箱をこまめに送るようにはしていますが、FBA反映のスピードが勝負となるような商品は、意識的に避けるようにはしてます。

あと、早く受領させたい商品は、キャンペーンをあえて利用せずに、他の配送手段を使うというのも選択肢のひとつとして持っておくと良いかと思いますよ。

しかし、今回に限らず、これはひとつの法則なのかも知れませんが、無料のものやサービスに大勢の人が群がった結果というのは、それなりの代償があるものですよね~

無料だからといって、それは決してノーリスクではないわけで、きちんと対価を支払うべきところには、支払ったほうが良い結果にもつながりますからね。

まぁ・・・

今後は、FBA長期在庫保管手数料の変更も控えているので、パートナーキャリアのキャンペーンに適した商品とそうでない商品をシビアに選別して、配送手段もうまく使い分けることが今まで以上に重要になってくるでしょう。

それにしても・・・

「想定を上回る入荷が発生」って、一体どれくらいの規模なんですかね?

ちょっと気になります(笑)

想定を上回る入荷による影響で、在庫の管理とか、商品の破損とか、行方不明とか・・・そういった事態が発生することが増えないことを切に願います。

この記事はいかがでしたでしょうか?

もし、この記事を読んで少しでも興味、関心を持たれましたら、
以下のソーシャルメディアボタンを押して共有して頂けたら嬉しいです♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
LINEで送る
Pocket


「ちゃんと読んだよ!」の印に(笑)

この記事を最後まで読んだという印にブログランキングにご協力頂けたら嬉しいです!
あなたの応援を励みにがんばります。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

無料メルマガ配信中!
1万部突破!メルマガ読者限定記事や決してブログでは語らない○○な情報も配信中?

メルマガ購読・解除


2件のコメント

  • 高橋

    お世話になります。ラッキー様、先日はありがとうございました。

    さて、こちらのお話ですが当店の商品もかなり納品が遅れています。^^;

    小田原・川島も通常なら翌日には納品されますが、先日送った商品は4日もかかりましたよ(大汗)

    当初はこまめに送れる分、まとめて送るより(2週間に一度ヤマト便を利用していましたので)値下がりリスクを軽減できるかな?と思いましたが
    これだけ沢山の方が、ガンガン送ってしまうと今まで以上に値下げ競争が過熱してきそうな気もしますね・・・。

    • lucky

      先日はどうも(^^)

      私の場合は3日ほどで反映されることが多いですが、こちらでは倉庫の混雑具合がわからないので受領されるまでの日数が予測できないというリスクを回避する意味でも、配送料金無料に固執するより他の配送手段も選択肢に入れておいたほうが良いですね。

      競争が過熱しような商品は、受領されるまでのスピードが勝負になりますからね。

      しかし、この状況でキャンペーン終了の年末までどうなるのか心配です(^_^;)

コメントを残す