電脳せどりはハピタスを利用してポイントを貯めるのが鉄則

知っているとお得だけど、知らないと損をするということは、ネットの世界に限らず、情報化社会ではよくあることだったりしますね?

そして、高度情報化社会の現代では、知らないと損をするというよりは、情報が共有化されるスピードが早いので、ビジネス的には死活問題に発展することもあります。

それは、ネット上でリサーチ、仕入れ、販売までの工程を完全在宅で完結できる電脳せどりの場合も当然、同じことです。

よく言われているとおり、せどりというのは、「安く仕入れて高く売る」のがセオリーですが・・・

この「安く」というのをさらに深く追求していくと、ただ単に商品価格を比較して安い値付けで販売されているショップで仕入れるだけには留まらないというわけで、ポイントを利用して、さらに安く仕入れるというところに行き着きます。

そして、ポイントと言っても、肝心のポイント還元率をいうのがあって、ポイント還元率が高いに越したことはないというわけです。

これっていうのは、一見、知っているとお得な話にも思えますが、実は、電脳せどりをやるなら知っているのが当然というか、逆に知らないことで損をしているんですよね。

・・・ということで、
「電脳せどりはハピタスを利用してポイントを貯めるのが鉄則」の続きを読む…

電脳せどりの仕入先

電脳せどりといえば、パソコンとネット環境さえ整っていれば、働きに出なくても自由な時間に完全在宅で実践できることが魅力的ですが・・・

リサーチしてアマゾン在庫切れ&定価超え商品を見つけることができても、一体、その商品をどこで仕入れれば良いかわからなければ、当然、リサーチが仕入れにつながらないので、稼ぐことはできませんよね?

比較的売れやすいランキングのアマゾン在庫切れ&定価超え商品を見つけたら、あとは、できるだけたくさんの仕入先サイトをどれだけ深くリサーチできるか? というのが、電脳せどりのポイントのひとつです。

そして、「どれだけの仕入先サイトを知っているか?」というのは、仕入れの選択肢がどれだけあるか?ということに繋がります。

ということで、
電脳せどりを実践していく上で、押さえておきたい仕入先ショップをいくつかご紹介します。

ザックリとですが、各ジャンル別にお伝えしたいと思います。
最低限、これだけは押さえておいて下さいね♪
「電脳せどりの仕入先」の続きを読む…

電脳せどりのコツとやり方

以前の記事でも触れたとおり、電脳せどりは、「安く仕入れて高く売る」という原則は、実店舗せどりと同じですが、リアルの世界とネットの世界では、それぞれ物理空間と情報空間といったように「場の性質」が異なります。

実店舗せどりでは、「最初のうちは、とにかくできるだけ沢山の店舗数に足を運んで場数を踏んで下さい。」といったアドバイスが初心者さんにされることが度々ありますよね?

これっていうのは、もちろん仕入れに慣れること、身体感覚でせどりを覚えるのが大事だという意味が込められているのですが、その背景には物理空間ならではの性質として物体に触れることのできるリアルな感触が得られる場の性質があります。

この場合、物体というのは、商品はもちろん、店舗の棚だったり、店内にいる人間の動きだったり、店頭の配置だったり、値付けだったり、五感で感じることができるものを差しています。

言い換えれば、このリアルな臨場感というのが実店舗せどりの特徴とも言えます。

なので、電脳せどりと比較すると、実店舗せどりのほうが頭で考えることよりも、身体を動かして、体感的に覚えていく傾向が強いということを自覚しておくとコツがつかみやすいんじゃないかなと。

それに対して電脳せどりは、リアルな世界で仕入れをするわけではないので、実店舗せどりとは、ある意味逆の動きを取る必要が出てくることもあり、実店舗せどりが得意なせどらーさんでも、電脳せどりは苦手という方が結構いたりするんですね。

物理空間と情報空間では、人間って物事の認識の仕方が違うんですよね~。

・・・と言っても、これもちょっとした発想の転換と、場の性質をしっかりと理解した上で、情報空間の歩き方を覚えるだけで劇的に変化したりします。

「電脳せどりのコツとやり方」の続きを読む…

オンラインせどり

オンラインせどり

パソコンを駆使してネット上で仕入れから出品、販売まで完結できるのが電脳せどりなんですが、一部では、オンラインせどりと呼ばれることもあります。

オンラインで完結するせどりという意味合いだと思うんですけど、意味は電脳せどりと同じです。

ちなみに私も、どっちかというとオンラインせどりという言葉のほうが、せどりの作業のイメージが湧くといいますか・・・

以前も記事で触れたSFっぽさ(笑)がなくなって、より具体性のあるビジネスっぽい印象を受けますねー。

・・・ということで、

今回は、電脳せどりではなくて、あえてオンラインせどりという言葉を使わさせて頂きますが、先ほども触れたとおり、意味的には電脳せどりとまったく同じです。

また、オンラインせどり初心者さんは、ネット仕入れというものが一体どのようなものなのか?

そして、そのノウハウについて、必ず押さえておいて頂きたいことがあるので、その辺も含めて入念にチェックして頂けたらなと思います。
「オンラインせどり」の続きを読む…

電脳せどりの仕組み

ブックオフやその他のリサイクルショップでの仕入れを主とする中古せどり、大型CDショップや、家電量販店、ディスカウントショップなどでの仕入れを主とする新品せどりなど、店舗が営業している時間内に出向いて仕入れをするのが実店舗せどりというわけですが・・・

これって、住んでいる地域に、仕入先となる店舗が皆無だという人だったり、朝早く出勤して終電近くまでお仕事をされている多忙なサラリーマンの人には、なかなか店舗の営業時間内に行動するのは難しいですよね?

小さなお子さんのいらっしゃる主婦の方も、なかなか家を空けられないといった事情やパートに出るにしてもお子さんをどこかに預けるのが不安だったりで、せどりを実践すると言っても環境に恵まれていない場合ってあるんですよ。

う~ん、残念ながらやっぱり世の中って平等ではないんですよね・・・。

でも、ネット上で仕入れから販売まで完結する手段があれば、仕入先店舗の営業時間や住んでいる地域に仕入先店舗が無くても、完全在宅で実践できますよね?

まぁ・・・そのネット上で完結できるせどりっていうのが電脳せどりなんですけどね。

では、その仕組を簡単に説明していきますね。
「電脳せどりの仕組み」の続きを読む…

電脳せどりと、私と、ある出来事。

電脳せどり

電脳せどりという言葉を初めて聞いた時、何だか不思議というか、その言葉の響きからSFっぽい印象を受けたのを今でも覚えています。

イメージ的には頭に配線がいくつも接続されていて意識を仮想の電脳空間に飛ばすことで、せどりが可能みたいな何ともメチャクチャな妄想と言いますか・・・

まぁ、せどり超初心者だった頃は、そんな感じでしたね(笑)
ちなみにビームせどりという言葉も、それに近い印象を受けました。

・・・ということで、

「電脳せどりと、私と、ある出来事。」の続きを読む…

amazonマーケットプレイス出品者のロゴの作り方

amazon出品者ロゴ

アマゾンの出品者一覧ページを眺めていると、出品価格の安い順に上から並んでいる出品者の名前のところがアカウント名の文字だけのものと、画像(バナー)が表示されているものがあるのに気がつくと思います。

実はこれ、アマゾンの出品アカウントが出店型出品者の場合は、出品者ロゴを表示することができるんですね~。

私のアカウントも出品者ロゴが表示されていたりします。

まぁ、出店型出品者の特権みたいなものなんですが、これがないと出品者名だけでなんだか寂しいですよね。

文字だけの表示だと文字の色さえ変えることができませんしね。

というわけで、この出品者ロゴの画像なんですが・・・
簡単に作成することができちゃいます。

出店型出品者さんでまだ出品者ログを使ってなかったら他の出品者さんとの差別化にも繋がるので、是非この機会にでも作成してみてくださいね♪

それでは、アマゾンマーケットプレイスの出品者ロゴの作り方を説明していきます。
「amazonマーケットプレイス出品者のロゴの作り方」の続きを読む…

アマゾンマーケットプレイスの屋号

アマゾンマーケットプレイスに出品者アカウントを開設する際に誰もが一度は「う~ん。どうしよう~(゜_゜)」と頭を悩ますのが・・・

 

出品者名・・・

すなわち、屋号なんじゃないかな?

一昔前にせどりを始めたというせどらーさんの間では、アマゾンといえばネットの本屋さんといった認識が当たり前だったという時代背景もあってなのかどうかはわかりませんが・・・
「アマゾンマーケットプレイスの屋号」の続きを読む…

評価コメントへの返信は必要?

アマゾンの評価コメントって見ていると色々ありますよね?

「ありがとうございました。」というだけのありふれた一言コメントも評価5の場合もあるし、評価3の場合もあるし、同じ文章なんだけど、評価コメントを書き込む購入者さんの心情は違ったりするものなんですよね。

実は私もわりと頻繁にアマゾンマーケットプレイスで商品を購入することもあって、この出品者さんの評価コメントはチェックしています。

そして、この評価コメントなんですが、商品を購入する時の判断基準のひとつの要素でもあるわけで・・・
「評価コメントへの返信は必要?」の続きを読む…

Amazonで購入者さんから評価を貰う

せどりにも慣れてきて仕入れ→出品→梱包・発送をひと通りこなすようになるとボチボチと評価が入り出します。

最初の頃は、どうしても評価が増え難く、まだ評価が少ないうちに悪い評価を貰ってしまうと一気にそれまで100%だった評価が90%代にまた、最悪の場合は、80%代へとグッと減ってしまうなんてことも起こり得るわけです。

・・・といっても、
「Amazonで購入者さんから評価を貰う」の続きを読む…