せどり初心者さんが教材を選ぶ上で重要なこと

LINEで送る
Pocket


私の推奨するせどり教材をいくつか厳選してご紹介させて頂いておりますが、「なぜこれらの教材を推奨するのか?」というのをまずは説明させて頂きます。

それをご理解頂ければ、せどりに限らず、仕事を覚える上でマニュアルが必要な理由もわかって頂けると思います。

実際に数年間せどりを実践してきた私の経験も踏まえて、お伝えしていきますので、しっかりと押さえておいて下さいね。

「教材なんて必要ないよ」という方にも是非、読んで頂けたらと思います(笑)

ポイントは大きく分けて2つです。

自分のせどりビジネスを設計する

せどり教材は他にも沢山販売されていますが、どの教材でいくら稼げるとかそういう話ではなく、最も重要なのは、自分自身のせどりをどのようなビジネスとして設計するかです。

そして、自分自身のせどりビジネスを構築するために必要なノウハウ(マニュアル)としての教材を導入します。

例えば、私のせどりビジネスで言えば、以下の通りとなります。

簡単に解説するとこんな感じなのでイメージしてみてください↓↓

  1. まずはしっかりとした土台作り → 1の根っこの部分
  2. 土台ができたら柱を建てる → 2の幹の部分
  3. さらなる可能性の探求とより専門的なノウハウ → 3の枝の部分
  4. 負担を減らすためのツールや細かいテクニック → 4の葉の部分

そして、せどりでよく言われるCDせどりとか、DVDせどりとか、ゲームせどりとか、家電せどりとか・・・

ある商品カテゴリに特化したせどり教材ってありますよね?
私もいくつか購入したことがあります。

私は、CD/DVDせどりから始めたのですが、今ではジャンルに囚われずいろんな商品を仕入れています。

私がどのように仕入れの幅を広げてきたかというと、決してCDせどりの教材を勉強したら、次はDVDせどりの教材、続いてゲームせどり・・・というふうにやってきたわけではありません。

かと言って、節操無くアマゾンとの価格差があるものならば、とにかく全頭サーチみたいなものでもありません。

これを押さえておけば、最初の段階からひとつの商品から利益の取れる商品を他ジャンルに派生してリサーチすることができるようになります。

◯◯せどり、△△仕入れがノウハウではない

仕入れ商品のターゲットをCDとか、DVDとか、ゲームとか商品カテゴリに特化せずにもっと大きな括りで以下のように考えることです。

たとえばこんな感じですね↓↓

CDせどりではなくて、音楽せどりとして考えます。

DVDせどりではなくて、映画せどりとして考えます。

こちらもDVDせどりでもなく、ホビーせどりでもなく、アニメせどりとして考えます。

このように考えると、商品単品ではなく、購入者の属性がイメージしやすいので、「誰に何を売るのか?」を明確にできるんです。

闇雲に価格差だけを検索するだけの不毛な単純労働型のせどりが行き詰まりやすいのは、商売を営む上で最も基本的な需要と供給、そしてターゲット選定ができていないからだと思います。

アマゾンの商品ページでも「この商品を買った人はこんな商品も買っています」という部分があるように「どんな人がどんな商品を買うのか?」を意識する必要があるというわけです。

特化型せどり教材やツールは枝葉の部分

最適なせどり教材を選ぶ上で、2つのポイントについて説明しましたが、これらを押さえた上でまずは、しっかりとした土台作りをすることが重要です。

次に稼いだお金を守る方法を学びましょう。
せっかく稼いでも手元に残らなければ意味がありませんよね?

そして、単発ではなく長期的に無駄を省いて、安定して稼ぎ続けるというところまでを構築できて初めてせどりがビジネスとして起動に乗るということを意識しておくと軸がブレ難くなります。

これがせどりで稼ぎ続けるための強い軸となります。

あとは、枝葉の部分でもあるCDせどりの教材だったり、DVDせどりの教材だったり、ゲームせどりの教材だったり、雑誌せどり教材だったり、家電せどり教材だったり、ひとつのジャンルを深く追求したノウハウを学ぶことで自分のせどりビジネスを強化していくといったイメージです。

新品せどりとか、中古せどり、電脳せどりも同様です。

ツールに関しても、枝葉の部分として考えると「何を効率化するために必要な道具なのか?」が明確になるでしょう。

重要なのは、「◯◯せどりの教材でいくら稼げる」みたいなことではありません。
「どのように自分自身のせどりビジネスをデザインしていくか?」です。

以上を踏まえた上で、現在、私が推奨するせどり教材を参考にして下さい。

LINEで送る
Pocket


よろしければ以下のソーシャルメディアボタンをクリックして共有して頂けたら嬉しいです♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
LINEで送る
Pocket