アマゾンマーケットプレイスの梱包・発送代行サービスとしてせどらーをはじめ、多くの出品者に利用されていることでも知られているフルフィルメント by Amazon(FBA)についてのブログ記事です。

アマゾンマーケットプレイスにて自分が出品している商品が売れた場合、本来でしたらその商品を梱包して、プリンターで納品書を印刷、そして購入者さんへの発送手続きなどをやらなければいけませんが、FBAというサービスを利用することでアマゾンに手数料を支払って、それらの作業を代行してもらうことが可能です。

また、購入者さんからFBA在庫として販売した商品にクレームや問い合わせがあった場合にも、Amazonが自分の代わりに対応してくれるので便利なサービスとして、ある程度の事業規模の出品者はFBAを活用しています。

FBAは、私たちせどらーにとっても非常に便利な代行サービスですが、規約や手数料の改定も度々行われていたり、納品先の配送センターでのトラブル発生などもたまにあったりします。

そういった情報の共有も踏まえて、私自身の経験を通じてFBAに関連する記事を以下にまとめています。

本格的にせどりで稼いでいくにあたって、FBAは必須とも言えるでしょう。

初心者せどらーさんは、FBA関連記事を参考に、どのタイミングでFBAを利用開始するか考えてみてください。

FBA販売不可在庫の確認方法

販売不可在庫

前回はFBA販売不可在庫の返送/所有権の放棄が変更となったことについて書きましたが、販売不可在庫が発生した際に、Amazonからの出品者アカウントに登録しているメールアドレス宛に届くお知らせメールはもちろん、まずは在庫の状態を確認する必要があります。

この作業を怠ると販売不可在庫が発生していたことを見逃してしまい、そのまま30日が経過した場合、アマゾンによって商品が破棄される恐れがあるので注意してくださいね。

・・・ということで、今回は、販売不可在庫の確認方法について説明します。

「FBA販売不可在庫の確認方法」の続きを読む…

FBA

FBA販売不可在庫の返送/所有権の放棄が変更

FBAを利用しているせどらーさんがほとんどかと思いますが、FBAで出品していると必ずと言っていいほど発生するのが、販売不可在庫ってやつです。

このような公なところで書くと悪用する人が出てくる可能性もあるので詳しくは触れませんが、FBAを利用して販売された商品に何らかの問題が発生してAmazon倉庫に戻っている場合、確認してみると販売不可になっていることがあります。

こういった販売不可在庫は、出品者さん自ら返送/所有権の廃棄依頼の手続きをする必要があります。

・・・ということなんですが、

「FBA販売不可在庫の返送/所有権の放棄が変更」の続きを読む…

FBA

やっぱりアマゾンの障害?

Amazonカート獲得

ちょっと前にアマゾンのカートボックスが獲得できないという記事を書きましたが・・・

その後もしばらくはこの状況が続いていたこともあって、以前のようにFBA在庫を前提とした新品商品を仕入れる際に、同一商品を大量に仕入れることを控えて、中古品の仕入れに力を入れたりしていました。

でも、一定期間が過ぎたあたりからまたカートボックスが取れるようになって、少しずつ以前のような方法でも売れるようになったので、ここ最近ではこの件についてはあまり気にしなくなっていたんですけど・・・

「やっぱりアマゾンの障害?」の続きを読む…

アマゾン全商品送料無料が終了?せどらーにとっては痛い?

Amazonといえば、全商品送料無料というのがユーザーさんの間では、もやは常識のように共通認識となっていたと思うのですが・・・

ついに先日、Amazon全品送料無料が終了とアナウンスがありました。

ネット上でも話題になっていましたね?

この規約変更(一部では改悪なんて言われていたりもします)は、一般のアマゾンユーザーさんはもちろん、私たちせどらーにとっても決して良いニュースとは言えないわけなんですが・・・

「アマゾン全商品送料無料が終了?せどらーにとっては痛い?」の続きを読む…

Amazonのカートボックスが獲得できない件

Amazonカート獲得

先日、アマゾンのセラーフォーラムの話題にチラッと触れましたが・・・

ここ最近、このセラーフォーラムで気になっている話題といえば、カートボックスが獲得できなくなっているという投稿です。

先月くらいからカートボックスのアルゴリズムが変更されたみたいな書き込みはあったのですが、今月に入ってからは、セラーフォーラムの書き込みも増えていて、いろいろと議論されていますね。

これは、私たちせどらーに限らず、輸入ビジネス実践者さんや現在、アマゾンマーケットプレイスに出品されている方でしたら、当然、気になる問題ではないでしょうか?

「Amazonのカートボックスが獲得できない件」の続きを読む…

Amazon FBA在庫保管制限の見直しによる影響は?

Amazon FBA在庫保管制限の見直し

先日、Amazonからクリスマス、年末年始のホリデーシーズンに向けフルフィルメントセンターの在庫保管スペースがひっ迫しているため、FBAに納品する商品の在庫保管制限を見直します的なメールが届いたという人も結構いらっしゃったみたいですね?

「みたいですね?」というのは・・・

私のところにはこのメール、届いていなかったんですよ。

このメールって、在庫保管制限に引っかかっている、もしくは基準値ギリギリの出品者さんに送られているのかな・・・?

実は、先日、とある読者様から頂いたメールで知りました。

「Amazon FBA在庫保管制限の見直しによる影響は?」の続きを読む…

FBA

在庫数を見直す時期

せどりと在庫数

以前もこのブログで触れましたが・・・

2015年10月21日を過ぎたということもあって再びこの話題を取り上げてみようかと思います。

・・・というのは、

Amazon手数料改定だったり、FBA納品先指定手数料の課金だったりと、2015年の税法改正による販売手数料などサービス料の消費税の扱いによって、アマゾンマーケットプレイス出品者さんへの負担が増えたということが背景にあります。

そして・・・

「在庫数を見直す時期」の続きを読む…

Amazon手数料改定?FBA納品先指定手数料の課金

先日、Amazon出品サービスより「【重要】フルフィルメント by Amazon手数料改定のお知らせ」という件名でメールが届いていました。

お知らせのメールによると、2015年10月21日付でAmazon.co.jpのFBA手数料を改定とのことでした。

また、FBA納品先指定手数料の課金も2015年10月21日から開始だそうです。

FBA納品先指定については、以前もこのブログでもFBA納品先固定依頼という内容で取り上げましたね?

以前の記事では、FBA納品先指定に関して、「2015年6月1日時点ではとくに手数料は発生しませんが、2015年10月1日以降、納品先FCを固定する場合は、手数料がかかるようになる予定」といった感じで軽く触れている程度でしたが・・・

ついに10月21日から手数料が課金されることになったということです。

「Amazon手数料改定?FBA納品先指定手数料の課金」の続きを読む…

FBA

ちょっと面倒なFBA納品先FCの変更?開始は2015年6月1日

FBA

アナウンスされてから数日が経過するので、すでにご存知だという方も多いとは思いますが、FBAの納品先FCが2015年6月1日より変更になります。

アマゾンマーケットプレイス出品者さんには、アマゾンからお知らせのメールが届いているはずなので確認してくださいね。

で・・・

アマゾンから届いたFBA納品先FC変更のお知らせのメールなんですが・・・

実は、5月13日に届いていて、私は、その日もメールをチェックしていたはずなのに気づいたのは昨日の夜でした(^_^;)

・・・というのも、

「ちょっと面倒なFBA納品先FCの変更?開始は2015年6月1日」の続きを読む…

FBA

納品したFBA在庫の受領遅延が発生しやすい時期

ゴールデンウィークも終わって5月病が発病しやすい時期がやって参りましたが(笑)

いかがお過ごしですか?

また、あらためてせどり的に稼ぎ時と言われることも多々ある大型連休が終了ということで実際にご自身の出品商品の売れ行きはどうでしたか?

私は、4月の末にゴールデンウィークの仕込みをして、連休初日に間に合うようにFBAに商品を出荷したところ、例年通りの売れ行きといった感じでした。

で・・・

連休初日から旅行に行っていたわけですが、ついでに寄った店舗で想定外の仕入れができてしまったということもあって、帰宅後、すぐにFBAへの出荷準備をしました。

狙いとしてはゴールデンウィーク後半に間に合えば、さらに売り上げが加速するかな? といったところだったんですけど・・・
「納品したFBA在庫の受領遅延が発生しやすい時期」の続きを読む…

FBA